より魅力的にする

結局価格はあまり関係ない

中古住宅をリフォームすることが注目されています。 現在日本には300万戸近くの中古住宅があると言われています(荒れた空き家も含む)。今後人口減少や少子化に伴いさらに中古住宅が増えることが予想されています。そこでできるだけ中古住宅を利用することで、空き家を減らして行くことが重要な課題になってきます。 中古住宅の問題点があるとすれば、日本人は中古住宅よりも新築住宅を好む傾向にあるのです。一方アメリカやイギリスなどの欧米では、中古住宅を好む傾向にあり、新築住宅よりも中古住宅を購入する人のほうがはるかに多いのです。この状況を打破するのは中古住宅の価値を改めに見直すしかありません。例えば価格の安さはとても重要になりますが、現実はなかなか思ったように売れないようです。

日本人が中古住宅を好まない傾向にあるのは潔癖症ゆえに人の使ったものを使うことが出来な人が多いからです。例え価格が安かったとしてもそれを避ける傾向にあります。 例えば、同じ面積の土地が2つとなりに立っていると仮定します。一つが築20年の中古住宅でもう一つが新築住宅です。価格は中古住宅が2000万円で新築住宅が3000万円だとする場合、多くの人は新築住宅を選びます。 価格よりも人が使ったかどうかをそれ以上に評価する価値観はやはり少し変わっていると言えます。 中古住宅をリフォームしてさらに500万円かかったとした場合はどうでしょうか。この場合でも新築住宅を選ぶ人が多いでしょう。ただし、リフォームのデザインが優れているなどの場合は例外的にリフォーム後の中古住宅が好まれる可能性があります。